足の裏にできるイボの原因と治療薬

イボは顔や首などにできることが多いですが、足の裏にもできる場合があります。足の裏のイボの原因は、傷口などからウイルスが侵入することによって発症します。ほとんどのイボは尋常性疣贅という良性の腫瘍ですので、そのまま放置しておいても特に問題はありません。時間が経過すると自然治癒するため、薬を使わなくても治ります。
しかし、足の裏にイボができると痛くて歩けなくなることもあるので、その場合は皮膚科の病院に通院して治療を受けることが必要です。皮膚科での主な治療法には、液体窒素を使って瞬間冷却したうえで除去する方法や、スピール膏などを使った薬物療法があります。
液体窒素を使用する除去法は、患部に液体窒素を噴射して瞬間的に冷却します。液体窒素の温度はマイナス196度という超低温ですので、イボの原因のウイルスが死滅して患部は剥がれ落ちます。
スピール膏を使った治療法では、シールタイプのスピール膏を患部に貼って患部を柔らかくしてからピンセットで除去します。スピール膏は薬局でも売っていますので、自分自身で治療することも可能です。しかし、ピンセットで除去する時に他の部分に感染することがあるので、皮膚科で治療を受けるのが無難です。